インフォメーション

日本ガンマナイフ学会について

学会の概要

一般社団法人 日本ガンマナイフ学会 (The Japanese Leksell Gamma Knife Society-JLGK)

目 的

本会は、ガンマナイフ治療に実際に携わる会員の研究発表、知識の交換、国際交流を促進し、以て学術の発展および人類の福祉に寄与することを目的とする。

活動&事業

当法人は、ガンマナイフ治療に実際に携わる者の研究発表、知識の交換、国際交流を促進し、以て学術の発展及び人類の福祉に寄与することを目的とし、次の事業を行う。

(1)学術集会の開催。   開催履歴はこちら

(2)国内外の関連機関との連絡及び協力。

(3)ガンマナイフ治療に関する情報の一般人への広報。

(4)ガンマナイフ治療及び関連領域に関する多施設共同研究の促進。

(5)新たにガンマナイフ治療に携わろうとする医療関係者の教育。

(6)技術認定制度の構築及び運営。

(7)その他この法人の目的を達成するための一切の事業。

会 員

当法人の会員は、下記の5種とし、正会員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下、「一般法人法」という。)上の社員とし、正会員の入会、退会を当法人への入社、当法人からの退社とする。

(1)正会員:当法人の目的とする事業領域において臨床・研究に携わる医師で、当法人の活動に賛同して入会した者。

(2)準会員:当法人の目的とする事業領域において臨床・研究に携わる医療関係者(医師を除く。)で、当法人の活動に賛同して入会した者。

(3)名誉会員:当法人の発展に特別の功労のあった個人で、理事会の承認を得た者。

(4)特別会員:ガンマナイフ治療に関連する領域の進歩発展に特に功績のあった個人で、理事会の承認を得た者。

(5)賛助会員:この法人の事業への協力を希望する個人又は団体で、理事会が入会を認めたもの。

設 立

1995年 1月