インフォメーション

一般社団法人 日本ガンマナイフ学会 沿革

1990年 東京大学医学部附属病院(当時 脳神経外科主任教授:高倉 公朋先生)に本邦におけるガンマナイフ第1号機が導入された。
1994年 6th International Leksell Gamma Knife Society Meeting(会長:高倉 公朋先生)が京都で開催された。
1995年 第1回ガンマナイフ・ユーザーズ・ミーティングとして、高倉 公朋先生(東京女子医科大学脳神経外科教授)会長のもと新潟県湯沢町で開催。

その後毎年高倉公朋先生会長として1997年第3回まで継続。
1998年 第4回から日本ガンマナイフ研究会(会長:高倉 公朋先生)と改称し東京で開催された。

その後毎年の開催とし会長は世話人持ち回りとなる。
2002年 第7回日本ガンマナイフ研究会(会長:福岡 誠二先生)が札幌で開催されたが、この時から治療計画などの技量のレベルアップのため教育セミナーを併設した。
2007年 第12回日本ガンマナイフ研究会(会長:岩井 謙育先生)が大阪で開催されたが、以降の開催は2年毎となった。そのため研究会に併設されていた教育セミナーを日本ガンマナイフ治療計画勉強会として、研究会のない隔年に開催することとした。
Asian Leksell Gamma Knife SocietyのPreliminary Meetingを開催。
2011年 第14回日本ガンマナイフ研究会(会長:木田 義久先生)が名古屋で開催されたが、Asian Leksell Gamma Knife SocietyのThe Second Meeting(会長:木田 義久先生)との同時開催であった。
2015年 第16回日本ガンマナイフ研究会(会長:周藤 高先生)が横浜で開催されたが、Asian Leksell Gamma Knife SocietyのThe 4th Meeting(会長:山本 昌昭先生)との同時開催であった。
2017年 第17回日本ガンマナイフ研究会(会長:赤羽 敦也先生)が東京で開催されたが、議事総会で日本ガンマナイフ学会と改称し新組織で再スタートすることが議決された。
2017年03年13日 一般社団法人 日本ガンマナイフ学会 設立