インフォメーション

JLGK 0901

Stereotactic radiosurgery for patients with multiple brain metastases (JLGK0901): a multi-institutional prospective observational study.
Yamamoto M, Serizawa
T, Shuto T, Akabane A, Higuchi Y, Kawagishi J, Yamanaka K, Sato Y, Jokura H, Yomo S, Nagano O, Kenai H, Moriki A, Suzuki S, Kida Y, Iwai Y, Hayashi M, Onishi H, Gondo M, Sato M, Akimitsu T, Kubo K, Kikuchi Y, Shibasaki T, Goto T, Takanashi M, Mori Y, Takakura K, Saeki N, Kunieda E, Aoyama H, Momoshima S, Tsuchiya K.
Lancet Oncol. 2014 Apr;15(4):387-95.

試験名(日本語)

転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績前向き多施設共同研究

試験名(英語)

Gamma knife treatment results for patients with multiple brain metastases:
A multi-institutional prospective study

対象疾患名

(日本語)転移性脳腫瘍   (英語)Metastatic brain tumor

疾患区分

放射線医学/Radiology   脳神経外科学/Neurosurgery

目的

一定の治療適応、治療計画、経過観測により、どの程度のガンマナイフ治療成績を期待できるか、前向きに多施設共同研究を行い、本邦における転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療成績を明らかにする。

The purpose of this prospective study is to evaluate results of a treatment protocol using gamma knife surgery for brain metastases without upfront whole brain irradiation.

適格性

年齢(下限) 適用なし   年齢(上限) 適用なし
性別 男女両方

選択基準

1)治療計画時造影MRIにて、転移巣が10個以下
2)治療計画時造影MRIにて、最大径の病変が3cm未満かつ腫瘍体積が10cc未満
3)治療計画時造影MRIで髄液播種所見がない
4)腫瘍総体積15cc以下
5)原発巣の組織型は問わない(経過中に癌腫が診断されればよい,肉腫,リンパ腫は除く)
6)KPSが70以上もしくはガンマナイフ治療により改善される見込みのある神経症状によりKPS 70未満のいずれかである
7)頭蓋内への放射線治療、開頭(穿頭を含む)を伴う手術の既往がない

1)a maximum of 10 tumors
2)maximum diameter 30 mm or maximum tumor volume of 10 cc
3)no evidence of CSF dissemination on MRI
4)maximum total tumor volume of 15 cc
5)any histological diagnosis of primary tumor except sarcoma or lymphoma
6)KPS>=70 of KPS<70 due to neurological symptom
7)no past history of cranial radiation therapy or craniotomy

除外基準

1)原発巣以外の活動性の重複がん
2)妊娠中・妊娠中の可能性がある,あるいは授乳中の女性
3)統合失調症などの内因性の精神疾患または精神症状を合併しており本研究への参加が困難と判断される場合

1)active double cancer
2)in pregnancy or lactation period
3)psychiatric disorder
4)Allergy to gadolinium contrast or contraindication of MR imaging

目標参加者数

1,200名

研究責任者

勝田病院 水戸ガンマハウス
山本 昌昭 先生

試験問合せ窓口

築地神経科クリニック 東京ガンマナイフセンター
芹澤 徹 先生